外国人の入国管理局ビザ申請手続きの代行事務所です。就職・結婚・家族・投資経営・定住・永住・帰化・再申請。

ビザ手続相談なら当事務所へ

国際労働法務事務所

Language choice

ホーム > 各種ビザ手続 > 就労資格証明書交付申請

就労資格証明書交付申請

1. 就労資格証明書交付申請とは
転職をする際など現ビザ取得申請時の内容に変更が生じた場合に当申請をいたします。転職できる会社かどうかの審査をすることとなりますので、就労ビザ取得時と同じように新しい会社の契約書などすべて準備して申請することとなります。

当申請は法的には義務となっている申請ではありまぜんが、申請をしておくと勤務できる会社かどうかもわかり、入管の評価も良いものと言えます。入管への誤解もなく安心できますので必ず、申請しておくことを強くお勧めいたします。

(1) 転職先などへ自分が就労可能であることを証したいとき

(2) 転職先が採用しようとしているものが就労可能であるものかどうか確認をしたいとき

(3) 各種ビザ取得後、申請内容,活動内容に変更が生じたとき

※転職の場合は当申請をすることによって結果的に就労を希望している会社やお店が勤務可能か確認することにもなります。

就労資格証明書交付申請代行費用

就労資格証明書交付申請
(転職ある場合)
\31,500
から個別査定

簡単申し込み

在留資格認定証明書交付申請
日本に入国しようとする者はあらかじめ、日本においてこの申請をしなければなりません。(一部除く)

在留期間更新許可申請
日本に在留している者が在留期限後も同じ在留活動を続けたいときにします。

在留資格変更許可申請
現在、取得している在留資格から他の在留資格に変更したいときにします。

就労資格証明書交付申請
転職やビザ取得後、申告内容に変更が生じたときなどに申請することができます。

在留資格取得申請
日本で子供が生まれたときなど原則、30日以内にビザの取得をしなければなりません。

ページ上部へ

Japanese Korean Chinese English