当サイトの無断複製、転載、転用等の二次利用することを固く禁じます。

在留資格・手続等

日本人と離婚後の定住者ビザ

定住者ビザ

 在留資格「日本人の配偶者等」を付与された外国人が日本人と離婚した場合は、原則として本国へ帰国することとなっております。ただし、当該外国人側に継続して在留を希望する事由がある場合は、住居地を管轄する地方入管局宛てに在留資格変更許可申請を行うことができます。

 同申請が認められる具体的な事例を列挙しますと、日本人元夫との間に出生した実子の親権者となり、離婚後は同実子を養育・監護する必要がある場合とか、実子はいないものの、婚姻期間が数年以上に及び、かつ、離婚するまでの間実態的な婚姻生活を維持していたところ、日本人夫が経済破綻を来たしたために離婚せざるを得なく成った場合等があります。いずれも入管法に規定されていない告示外事案となりますため、許可が付与されるためには申請に係る疎明、立証資料等は十分なものを完備することが肝要となります。同申請が認められるといずれも在留資格「定住者」が付与されることになります。詳細は「定住者」をご覧ください。

JR「新宿駅」南口から徒歩5分 「新宿三丁目駅」E5口から徒歩1分

新宿駅南口を出て、左に進んで高架を下り、大きな交差点にある吉野家の方へ渡り、吉野家の左側のビル二件隣に細い路地があります。その路地を入って、100メートル程進んだ右手にあるトーサイビルの202号室が当所です。

事務所外観

事務所内観

MENU